ウォーキングは健康によい…しかし、1日1萬歩を歩く必要はない

步行有益于健康…但是,不需要一天走一萬步


ウォーキングは、病気のリスクを軽減し、心身の健康を増進する。
だが、1日1萬歩が目安というのは、歩數計の名稱から生まれたものだ。
研究者によると、健康のためには1日7000歩から8000歩が効果的だという。
歩數計はあらゆるところで勧めらているが、健康やダイエットのために1日1萬歩を目標とするのは科學的な考えではない。
「1萬歩」は、數十年前に歩數計の名稱として考え出された數字にすぎない。
ウォーキングは健康によいことだが、研究結果は7000歩から8000歩を目標にするのがよいと示唆している。

步行可以減輕疾病的風險,增進身心健康。
但是,一天1萬步的目標是從計步器的名稱中產生的。
實際上據研究人員稱,為了健康,每天走7000步到8000步是比較合適的。
計步器在各個地方都有在賣,但是為了健康和減肥,以1天1萬步為目標并不是科學的辦法。
“1萬步”不過是數十年前為了給計步器起名而想出的數字。

「1日1萬歩」は、歩數計の名稱から始まった
運動の進化について研究しているハーバード大學の古人類學者、ダニエル?リーバーマン(Daniel Lieberman)によると、1萬歩が最適という考えは、日本のキャッチーな歩數計の名稱から生まれた。
リーバーマンは最近の著書『Exercised』で、1960年代に「萬歩計」を初めて開発したのは日本の山佐時計計器株式會社で、音の響きの良さからこの名前が付けられたと書いている(「萬歩計」は山佐時計計器株式會社の登録商標)。
そして、そのネーミングは功を奏した。山佐時計計器のコンセプトは健康の基準として世界中に普及したのだ。

“1天1萬步”是從計步器的名稱開始的
據研究運動進化的哈佛大學古人類學者丹尼爾·利伯曼(Daniel Lieberman)說,1萬步最適合這種想法是從日本的計步器名稱中誕生的。
利伯曼在最近的著作《Exercised》中寫道,1960年代第一次開發“萬步計”的是日本的山佐時鐘儀表株式會社,因為其聲音好聽而得名(“萬步計”是山佐時鐘儀表株式會社的注冊商標)。
而且這個命名起了點效果。山佐鐘表儀表的概念作為健康的基準開始在全世界普及。
原創翻譯:龍騰網 http://www.elektroniksigara1.com 轉載請注明出處


目標の歩數に達しなくても効果は期待できる
リーバーマンは「1日1萬歩」を目標にすることにはいくつかのよい點があるとInsiderに語った。
覚えやすい數字であること、これだけ歩く(1日に約5マイル)と健康上のメリットを得られること、ウォーキングは多くの人にとって取り組みやすい運動であることだ。
「人間は不必要な活動を避けようとする本能がある。そのため、運動を始めるためにはこのような後押しが必要だ」とリーバーマンは語った。
だが、研究結果から、1日1萬歩に達する必要はないこと、そしてウォーキングにはさまざまな健康上のメリットがあることがわかった。
2019年の高齢女性を対象とした調査で、1日4400歩を歩く人は、あまり歩かない人(1日2700歩以下)の人に比べて、その後4年間の死亡率が低いことがわかった。
だがリスクの低下は1日約7500歩で最大になるようで、1日1萬歩やそれ以上のウォーキングではさらなるメリットは得られないことも明らかになった。
同様の2020年の調査では、1日8000歩から1萬2000歩を歩く人は、1日4000歩の人と比べて、あらゆる原因での死亡リスクが低くなるとわかった。
これらを合わせると、1萬歩に達しても、達していなくても、多く歩くことは健康によいということのようだ。

即使達不到目標步數也可以期待效果
利伯曼說,以“1天1萬步”為目標有幾個好處。
這是一個很容易記住的數字,走這么多(一天大約5英里),對健康有好處,步行對很多人來說是一項很好的運動。
利伯曼說:“人類有逃避不必要活動的本能。因此,為了開始運動,通過記步數來刺激人們是必要的。”。
但是,研究結果表明,一天不需要達到1萬步反而會有更多健康方面的好處。
以2019年的高齡女性為對象進行的調查顯示,1天走4400步的人與不怎么走路的人(1天走2700步以下)相比,之后4年的死亡率較低。
但是,每天走約7500步的人,死亡率是最低的,1天1萬步或以上的步行是得不到進一步的好處的。
同樣的2020年的調查顯示,每天走8000步到1萬2000步的人,與每天走4000步的人相比,所有原因的死亡風險都會降低。
所以不管是有沒有超過一萬步,多走路對健康有好處。

ウォーキングは長期的な減量には繋がらない
1日1萬歩を歩く人は、1日3500歩しか歩かない人より體重を減らしやすいことを示すエビデンスは複數ある。毎日の生活でより多く歩くことが消費するカロリーを増やすことは、直観的に理解できそうだ。
だが新しい研究結果では、そうではないことが示唆されている。
進化生物學者のハーマン?ポンツァー(Herman Pontzer)の調査研究では、1日に何マイルも歩く伝統的な狩猟民族は、デスクワークのアメリカ人と同じくらいのカロリーしか消費しないことを示すデータが得られた。
彼の説明は、我々の體は運動によって余分に消費されたエネルギーをその他の消費カロリーを節約したり、空腹のシグナルを増やしてより多く食べるように促したりして補っているというものだ。
この説は議論の余地があり、さらなる研究を必要とするが、ウォーキングと減量は人々が考えるような単純な関係ではないことを示唆している。1日1萬歩のウォーキングは、減量のための絶対的なルールではなく、健康を増進するための処方箋だ。
もし減量を考えているのなら、ウォーキングには害がないが、食事の見直しが重要だ。研究結果は、ウォーキングと食事の組み合わせが最高の結果を導くことを示唆している。

步行和長期的卡路里消耗沒有關系
一天走一萬步的人比一天只走3500步的人更容易減肥。直觀地可以理解,每天的生活中走的越多,消耗的卡路里就越多。
但是,新的研究結果表明并非如此。
進化生物學家哈曼·龐克澤(Herman Pontzer)的調查研究顯示,一天走幾英里的傳統狩獵民族只消耗和伏案工作的美國人差不多的卡路里。
他的解釋是,我們的身體通過運動來補充多余的能量,節約其他地方消耗的卡路里,增加空腹的信號來促進人們的食欲。
這一說法還有待商榷,需要進一步的研究,但是步行和卡路里消耗并不是人們所想象的簡單關系。1天走1萬步不是減肥的絕對規則,而是為了增進健康的處方。
如果是考慮要減少體重的話,步行當然也是一種方法,但是重新考慮飲食也是很重要的。研究結果表明,步行和飲食的組合會帶來最好的結果。